cinema staff 5th Full Album 「eve」

PLAYSTOP

5th Full Album「eve」

[初回限定盤] PCCA-04380 ¥3,600(+税)

[通常盤] PCCA-04381 ¥2,600(+税)

2016.5.18 発売

《収録楽曲》

  1. 01.eve
  2. 02.希望の残骸(テレビ朝日系全国放送「Break Out」5月度オープニング・トラック)
  3. 03.エイプリルフール
  4. 04.lost/stand/alone
  5. 05.切り札(TVアニメ「遊☆戯☆王ARC-V」のオープニングテーマ曲)
  6. 06.somehow
  7. 07.crysis maniac
  8. 08.person on the planet
  9. 09.境界線
  10. 10.deadman
  11. 11.AIMAI VISION
  12. 12.YOUR SONG(NHK岐阜放送局・岐阜発地域ドラマ「ガッタン ガッタン それでもゴー」主題歌)
  13. 13.overground

《DVD収録内容》

cinema staff「waypoint 2015」
2015年12月2日 豊島公会堂 ライブ映像 130分収録!

  1. 01. salvage me
  2. 02. AIMAI VISION
  3. 03. theme of us
  4. 04. ニトロ
  5. 05. 奇跡
  6. 06. 火傷
  7. 07. 世紀の発見
  8. 08. 小さな食卓
  9. 09. 実験室
  10. 10. 君になりたい
  11. 11. unsung
  12. 12. 発端
  13. 13. いらないもの
  14. 14. 切り札
  15. 15. deadman
  16. 16. シャドウ
  17. 17. great escape(alternate ver.)
  18. 18. exp
  19. 19. KARAKURI in the skywalkers
  20. 20. YOUR SONG
  21. <アンコール>
    21. 望郷
  22. 22. 溶けない氷
  23. <ダブルアンコール>
    23. GATE

cinema staff アルバム「eve」先着予約購入特典!

  • ■TOWER RECORDS(オンライン除く):cinema staff 数量限定SPECIAL PHOTO BOOK
  • ■TOWER RECORDS ONLINE:cinema staff 数量限定オリジナル・ラジオCD「eve RADIO -DELUXE EDITION-」
  • ■その他一般店:cinema staff「eve」特典ポスター

※cinema staff 数量限定オリジナル・ラジオCD「eve RADIO -DELUXE EDITION-」はTOWER RECORDS ONLINEのみの特典となり、cinema staff 数量限定SPECIAL PHOTO BOOK」は付きませんので、ご了承ください。

※特典につきましては、一部取り扱いの無いCDショップもございますので、詳し くは店舗までお問い合わせ下さい。

※ネット販売につきましても、一部取り扱いの無い場合もございますので、各WEB ショップの告知をご確認下さい。

Special

cinema staff「eve」リリース記念ミニライブ&サイン会

あなたのお気に入り曲をリクエストしよう!

各会場、一番リクエストが多かった楽曲をアコースティックVer.で披露します!

  • 【日程】2016年5月18日(水) 20:30スタート

    【会場】タワーレコード新宿店7Fイベントスペース

    ENTRY
  • 【日程】2016年5月20日(金) 19:00スタート

    【会場】モレラ岐阜1Fゴールドプラザ

    ENTRY
  • 【日程】2016年5月21日(土) 16:00スタート

    【会場】名古屋パルコ店 パルコ西館1階イベントスペース

    ENTRY
  • 【日程】2016年5月22日(日) 13:00スタート(12:30優先エリア入場開始)

    【会場】タワーレコード梅田NU茶屋町

    ENTRY
  • 【日程】2016年5月22日(日) 18:00スタート

    【会場】タワーレコード難波店

    ENTRY

Liner notes

フィールドレコーディングによるSEで構築されたイントロダクションでありタイトルナンバーのM1「eve」で本作は幕を開ける。雑踏のなかで、あまりに優しく、だからこそ切ない旋律をもったアコースティックギターのアルペジオがつま弾かれる。ハイヒールがアスファルトを蹴る音、子どもたちの声、走り去る車のエンジン音。浮かび上がる人間と生活の気配という市井の風景。アコギのアルペジオが慈しむような様相でそこに音の色を付けていく。ステップの強さからして、若い男性だろうか。誰かが階段を駆け上がっていく。そして、バタンッと扉が閉まり、M2「希望の残骸」へ。ストリングスを伴ったイントロの解放的なバンドサウンドから、この「希望の残骸」という楽曲がアルバムの支柱であることがはっきりとわかる。飯田瑞規のボーカルは、澄み切っていて揺るぎないタフネスを感じさせる歌を、果てしなく広がる上空に向けて限界まで飛ばすようにして響かせる。

〈ハロー、グッドナイト、サッドフューチャー。知らない内に落っことしたその希望の残骸をひとつひとつ集めて 完成したジェットコースター、またの名前は可能性。このレールを滑る役の 代わりなんていないってことに 今になって気づいたってそれはきっと遅くなんてない。遅くなんてない、遅くなんてない〉「希望の残骸」

 cinema staffが約1年ぶりにリリースする5枚目のフルアルバム『eve』。本作の楽曲群はそれぞれ“まだ持たざる者”がカタルシス=精神的な浄化を迎えるまでの物語を描くようにしてクリエイトされている。バンドのソングライターである三島想平は、タイトルに冠した『eve』の概念を、「eve=(記念日、特別な日の)前日≒何かが変わる前の不思議な高揚感」と定義する。

 とにかく一つひとつの音とコーラスを含む声の表情が、とても情熱的で活き活きとしている。それが融合したアンサンブルと歌の力強い光輝は、もはや細かいジャンルの区分を必要とせずナチュラルなポピュラリティもまとっているcinema staffのロックミュージック像を象徴している。いや、よくここまで突き抜けたな、cinema staff。
おめでとう。

三宅正一(Q2)

Tour

cinema staff
one-man tour 2016“about eve”

詳細はこちら